平成29年度はこちら

平成30年度


平成31年3月20日(水)

 ワッペン贈呈式

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

先週3月13日(水)、首里東高校の2,3年生が授業で作成した

ワッペンの贈呈式が、お隣のわかめ保育園様でありました。

図1.一人一人、名前を呼んで首にかけてあげました。

 幼い子と触れ合う機会が少ない高校生には、子ども達との

 微妙な距離感がありました(微笑)。

 

図2.卒園生のぞう組さん34名の子ども達です。

 

図3.握手でお別れ。「お兄ちゃん、ありがとう」

 子ども達もなかなか離れがたい様子です。

 

図4.ワッペンの裏にはメッセージが。

 「ごそつえん おめでとうございます。しょうがっこう

 に いっても おべんきょう を がんばってね。

 ともだち も たくさん つくってね。首里東高校より」

みんなスラスラと読み上げ、最後の漢字もしっかり読めました。

図5.修学旅行で置いていかれそうになってました。

 

子どもから目を離してはいけません。また、子どもが熱を出していたら

きちんと受診させます。大切に大切に育てて下さい。




平成31年3月15日(金)

 2学年・修学旅行(最終日)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

いよいよ、最終日になりました。

もう、東京を離れたくありません。

「進学先、東京に決めました。就職先も東京にします。」って

生徒ばかりになってしまわないかと、少し心配(笑)

 本日、帰沖します。家族の皆さん、修学旅行に行かせてくれて

本当にありがとうございました。

図1.「沖縄に行ってきます。」(ダッフィー)

図2.車窓から見る国会議事堂です。

図3.衆議院議場。これから、s親権者であっても「しつけ」として子どもに

 体罰を加えることの禁止など児童福祉法等の改正が話し合われます。

図4.天井も荘厳な作りです。ステンドグラスは外国製です。

図5.記者席です。私達はここからの中継映像をテレビ等を通して

 見る事が出来ます。

図6.国会議事堂と東高生。昭和11年(1936)に竣工しました。

図7.沖縄県から贈られたソテツ(1970年)。各都道府県から送られた

 木々が図6の右側の歩道に植えられています。

図8.東京電波塔(東京タワー)。高さ333m。現在でも放送大学と

 民間FM放送局の主送信所、在京テレビ局の中継基地局

 として機能しているそうです。地デジの送信はスカイツリーへ

 バトンタッチされました(20135月)

図9.東京は川の街。大切な輸送路として機能していました。

図10.ロボットが私達の話し相手になるのは、もう間もなく

 かも知れません。

図11.沖縄は暑いので帽子はとってしまったようです。

「ようこそ沖縄へ!」 20時過ぎに那覇に着きました。




平成31年3月14日(木)

 2学年・修学旅行三日目

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

昨日はアトラクション見ました。

乗り物にも乗りました。今日は東京自由行動でした。

いろいろありましたが全員、無事にホテルに戻ってきました。

図1.絵が変わってました。ドナルドダックとデイジーダックです。(画:「近ツー」添乗員さん。)

図2.夕食の後は、クラスの出し物で盛り上がりました。各班のリーダーさん、出し物を

 企画、実施してくれた係の生徒、レク大会の司会の二人、本当にお疲れ様でした。




平成31年3月13日(水)

 2学年・修学旅行二日目

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

ホテルにも泊まったよ。料理も最高。

「夢の国」はいろいろルールがあるのでシルエットで許して下さい。

図1.バスの上にいました。

図2.ちゃんとしっぽも付いています。

図3.ムクドリ。集団で移動して、ねぐら(塒:とや)では、フンによる被害も。

図4.「夢の国」では、スズメも遊び疲れて、ねぐらへ戻ります。(16:53頃)

図5.影になっているけど、これで許して。(作:添乗員さん)

 

明日は東京の街も見に行きます。

芸能人に会えるかな。




平成31年3月12日(火)

 2学年・修学旅行、初日

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

飛行機に乗りました。

観光バス(はとバス)にも乗りました。

ホテルにも泊まります。

夢の国≠ノも行きます。東高、待ちに待った修学旅行です。

図1.工場地帯です。間もなく着陸です。

図2.はとバス。鳩サブレーのイエローです。初日と最終日にお世話になります。

図3.浅草です。(浅草寺・せんそうじ)おみくじは「大吉」でした。

 2018年、日本で最も地価上昇率の高かった場所です。

図4.江戸の町です。とにかく人が多いです。東京に来て、はじめに身のいなし方を

 学びました。 (江戸東京博物館)

この日のために、出席も勉強も頑張ったよ。

頑張って良かった。本当はみんなで来たかったよ。

沖縄で留守番中のみんな。お土産買ってくるから、待っててね。


平成31年3月6日(水)

 啓蟄(けいちつ)と二月風廻り

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 そろそろ、冬ごもりをしていた動物たちが土の中から

出てくる頃です。ちょっと前にカエルの声も聞こえてきたので、

探してみましたが見つけられませんでした。

 昨日の天気が嘘のように、今朝は嵐になりました。

6日午前中、本島地方を前線が通過したためです。

あれほど天気が良かったのに・・・

でも、沖縄の人は知っています。三月は穏やかな天気が

急変することがあることを。これは「二月風廻り(ニンガチ・カジマーイ)」

とよばれる気象現象です。

 

【解説】「二月風廻り」=沖縄では冬から春に移行する旧暦の二月頃

H31/3/74/4)、西高東低の冬型の気圧配置が緩んで好天になった後、

急変する現象を指します。台湾付近に発生した低気圧が西から東に

沖縄地方を通過するためで、この低気圧は、

 @発生後に急激に発達する

 A移動速度が速い

 B風の廻り(変化)が早い

 C強い風が吹き、大荒れの天気になる

という特徴があり、海も時化(しけ)ることから

漁業関係者からは「台風に次ぐ荒れ日」として恐れられています。

図1.首里赤田付近。夜のように真っ暗。激しい雨が降り出しています。(67:20頃)

図2.火曜日は良い天気でした。(H31.03.05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図3.367日は沖縄県の高校入試(一般入学者選抜学力検査)。

 受検生の皆さん、頑張って下さい。東高の生徒も応援しています。

 

 

 

 

 

 3月には2,3回ほど、急に冷え込む日が続いたりしますが、

これで寒い季節とはお別れ。間もなく沖縄地方は新緑が眩しい

「うりずん」の季節を迎えます。

 

 

平成31年3月1日(金)

 県立高校卒業式・第33回首里東高等学校卒業式

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 沖縄県立首里東高等学校第33回卒業式が行われました。

平成31年3月1日に本校を卒業する生徒は236人。県立高校全体では

全日制課程1万3,404人、定時制課程143人、通信制課程155人、

特別支援学校高等部359人の計1万4,061人となりました。

図1.日本情報処理検定協会から8種目取得の「会長特別賞」を頂きました。

 (新聞社の取材を受けた後、校長室にて撮影。1日の卒業式の中で表彰されます。28日)

図2.今年のテーマは「入学という種を蒔き 卒業という花が咲く 咲き誇れ 33輝」

 壁画は、定型の切り絵を繋ぎ合わせたモビール壁画。入学式まで、舞台上を飾ります。

図3.全員、出席です。胸のコサージュが誇らしげです。

図4. 証書授与が始まりました。厳かに式が進んで行きます。

図5.海外の大スターからもお祝いのメッセージが届きました。

 「なぁみんな、ちょっと聞いてくれ。人生で大切なことは次の3つだ。

 『愛すること』、『希望を持つこと』、そして『Enjoyすること』となんだよ。」

図6.伴奏は二人の3年生。大役も無事果たしました。お疲れ様でした。

   歌うのは「仰げば尊し」、そして「旅立ちの日に・・・」

図7.同窓会入会式です。同窓会長様、事務局長様、この14名が33期生の代表です。

 よろしくお願いします。

図8.わかめの園児達です。卒業式、同窓会入会式で長い長い式を終えた卒業生を

 笑顔にしてくれます。いつもありがとうございます。「メダルも作ってきたよ。」

図9.さぁ、1組から退場です。外には大勢の在校生と保護者、友人の皆さんが待っています。

図10.「卒業、おめでとう」

図11.沖縄県立首里東高等学校第33期生の皆さんです。3月2日(土)付「琉球新報」の一面に

 掲載されたのは、首里東高校の卒業生でした。電子版も併せてご覧下さい。

図12.素晴らしい卒業式でした。生徒会の皆さん、1,2年生の皆さん、会場設営はじめ

 第2部の「思い出のスライド」まで事前の準備大変お疲れ様でした。(2019.3.1.18:20頃)



平成31年2月28日(木)

 卒業式予行演習

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

明日は県立高校の卒業式の日です。

 首里東高校でも、卒業式の準備とリハーサルで

忙しい一日となりました。教室棟2階から歓声が上がっています。

3年生が久しぶりに登校してきて、話に花が咲いているようです。

図1.3年生が久しぶりの登校。何かを運んでいます。

 

図2.高校生活で一番の思い出になるものの一つです。

図3.「卒業記念アルバム」ですね。(3-7

 

図4.「遠足」のページ。夏の思い出です。(3-7)

図5.写っていたようです。(3-4

図6.入学式の様子。あっという間の三年間でした。(3-4

図7.生徒活動記録・作品集第三十三号「東雲」も配付されました。

  (3-6)

図8.午後からはリハーサル。体育館に全校生徒が集まりました。

 明日、会場に入れるのは2年生のみ。1年生は花道に間に合わせての

 登校となります。

図9.立派なお花も届きました。今年の花は一段と豪華です。

10.放送部の皆さん、生徒会の皆さんよろしくね。

11.第33回卒業式の演奏者は彼女。明日は大役です。頑張って!

 

 体育館の準備が整いました。明日は沖縄県立首里東高等学校の

33回卒業式です。お早めの来場をお待ち申し上げています。



平成31年2月27日(水)

 加良川(カラガー)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

那覇市指定史跡です。

図1.の右手に真嘉比川が流れています。黒い欄干は

戦後に復興された加良川橋のものです。

図1.首里儀保町。儀保駅から儀保大通りに入り、最初の右カーブを

 過ぎて、右側の小径を入っていきます。真嘉比川にかかる

 「加良川石橋」は1759年の史料に最初に現れます。

 (今はコンクリート製だよ)

図2.1989年(平成元年)7月に那覇市指定の史跡に認定されました。

図3.大きなガジュマルの抱きかかえられるように、共同井戸が残されています。1807年に

 建立(こんりゅう)された碑文に、この井戸の記録が残されているそうです。

図4.地域の住民にとって、水の運搬は大切な仕事の一つだったんでしょうね。

 この坂を、水桶を担いで登っていたのかな。

図5.「聖劇 玉城朝薫生誕之地」とあります。

「平成」の時代が31年4月30日で終わり、2019年5月1日より

新しい年号に変わります。

 


平成31年2月26日(火)

 第90号、校了。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 首里東高校第三十三期生の卒業を祝う「東峰(第90号)」が

校了しました。前日に届く予定です。卒業生の関係者に

会場入り口にて配付予定です。

図1.ビワの実だと思うのですが(名護市)。

図2.桜の花もやがてサクランボに変わります(名護市)。

図3.間に合うかどうか心配でしたが、なんとか校了までこぎ着けました。何事にも

 終わりがあるものなのでしょうが、やっている最中は、ゴールが見えないものです。

図4.ハイビスカスです。冬の冷たい雨の中でも美しく咲いています。どんな時も、

  笑顔を忘れずにいられるかな。必ず良いこともあるからね。

 

    ☆★☆ ☆★☆ ☆★☆

 第三十三回卒業式は3月1日(金)9:45卒業生入場。

早めに開場しますので、時間に余裕をもってご来校下さい。

なお、首里東高校には卒業生保護者のための駐車場の

御用意はございません。また、付近の道路は全て駐車禁止です。

公共交通機関等のご利用をお願いしています。

ご理解頂きますようお願い申し上げます。

また、生徒花道は12:50頃からの予定です。



平成31年2月25日(月)

 湧き水「宝口樋川(たからぐちふぃーじぁー)

「樋(とい)」=雨水などを通す溝や管のこと。せき止め水を排水するための水門のこと。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 首里東高校が位置する首里地区は、高台にあって

世界遺産の首里城がある首里金城町からもほど近い場所に

あります。(首里城までは歩くと少し遠いですよ)

 私達、首里東高校の校名には「東」とついていますが、首里城から見ると、

どちらかというと「北」の方角に位置します。

 

 さて、高台にある首里地区ですが、実はその麓には

湧き水がいくつも出ていて、飲料水にも困らなかったそうです。

そのため、首里の丘の東側には泡盛の醸造所が、南側には

豆腐やもやしが、北西には紙すきが人々の生業(なりわい)として

営まれていました。(参考:「首里振興会」HPより)

 

 宜保十字路を、82号線(ゆいレール)沿いに西側に下る途中、

左手の真嘉比川沿いに「宝口樋川」という文化財(史跡)があります。

川は道沿いから中に入らないと見る事はできません。

図1.宮城筑登之親雲上(宮城氏ちくどぅんぺーちん≠ヘ位を表す称号)と

 当蔵村(とうのくら・むら)の有志24名が資金を出し合い建築されたとのことです。

 

図2.コンクリートの水槽は、昭和の初期に作られ、「飲料水用」と「洗濯用」に場所を

 分けたものと記されています。

図3.背面の石積みも手前の石畳も、1800年代のものです。手前の立派な碑文には

 この樋川の由来が記されていて、沖縄戦で破壊された石碑が1986年に発見され、

 それを復元したものです。

図4.これが「宝口桶川」の湧き水です。開発に伴い、元々の水量からは減ってしまいましたが、

 現在も絶えることなく湧き出しています。貴重な水源です。

図5.市内とはいえ、樋川の周囲はこのようにうっそうとしていますので、

 安全を考えると(ハブがいそうです)、皆さんは簡単に近寄らないこと。

図6.帰りは登ります((^_^;) 一人では行かないように。

図7.出口には「紙漉所跡(かみすきじょ・あと)」の説明がありました。

 (首里儀保町)

 

 高台といっても標高は百数十メートルですが、低地の多い南部地区ですから、

首里城からは大変素晴らしい風景が広がります。

ちなみに、調べて見ると、首里東高校は海抜94mとなっていました。

今年、モノレールが、浦添地区まで延伸され、乗車された方には、

首里地区の全容をご覧頂くことが出来そうです。通学も便利になりそうですね。

 

※首里地区南西側には「金城大樋川」(カナグスクウフヒージャー)」や

「仲之川」「寒水川樋川」(スンガーヒージャー)」などの史跡があります。

詳しくは「那覇市観光資源データベース」を参考にして下さい。



平成31年2月20日(水)

 体育学習発表会

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 全14チームが出場した今年のダンス発表会。

1,2年生が全員体育館に集合して、各クラス代表のダンスを鑑賞、

圧倒的パフォーマンスにその場にいる誰もが魅了されました(本当か?)。

 審査の結果、上位入賞3チームのうち2チームが1年生という

結果になりました。若い力が台頭(たいとう)してきて、首里東高校が

新時代に入ったことを予感させる結果となりました。本当です。

図1.天気はすっきりしません。木の枝にこんなものが。

図2.今日は待ちに待った体育学習発表会。なぜ「待ちに待った」なのかと

 いうと・・・

図3.それは、大いに盛り上がるから。では始めます。「よろしくお願いします。」

図4.トップバッターは245組男子。

図5.演技を終えて見つめる先には・・・

 

図6.同じ245組の女子チームがいました。

 ベストクラス賞があったらこのクラスだったよ。

図7.(厳正なる審査中・・・)

図8.最優秀パフォ-マンス賞を受賞したのは彼でした。

図9.桃ならぬ「梅」ですね。しかもこんなに立派に実りました。

 

 東高の庭でたった一個実った梅の実です。

ウメ君、キミにもベストパフォーマンス賞をあげようかな。





平成31年2月19日(火)

 南から暖かく湿った空気が入って、雨になりました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 今年も2月は、不安定な天候です。

今日は、南から暖かく湿った空気が入り

お昼過ぎから大雨になりました。

図1.3年生が抜けた2階の教室はひっそり。

 

図2.大雨が降り出しました。(19日、13時頃)

 

図3.わかめさんが軒先を借りにきてました。

図4.しばらく止みそうもありません。「それっ、キャーッ!」

図5.みんな気をつけていってらっしゃい。

 

図6.2−2,1−2は授業中ですね。

図7.1年生が英語表現Tのパフォーマンステスト中です。(196校時)





平成31年2月18日(月)

 修学旅行説明会

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 保護者も同席しての修学旅行説明会です。

ほぼ、定刻通り始まりました。

(東高前が少し渋滞して、ご迷惑をお掛けしました。)

図1.旅行社の方から詳しい説明がありました。

 

図2.約130名が4日間の行程で寝食を共にします。足もとの悪い中、

 ご参加頂きました保護者の皆様、本当にありがとうございます。

 

図3.東高はランド≠ナはなくシー≠ノ行きます。危うくランド≠フ

 ガイドブックを買うところでした。

図4.ネズミの国のホテルでは、学校のジャージを着てはいけないそうです。

 東高なみに厳しい規則です。