今日の東高(2019/6/13)

 県内の高校生らが大麻取締法違反容疑で逮捕された事件を受け、県高校PTA連合会など14団体でつくる県社会教育関係団体等連絡会は14日、県庁で「薬物乱用防

止に係る緊急アピール
」を発表し、地域ぐるみで薬物から子どもを守るよう呼び掛けました。それにさきだち首里東高校でも、6月13日、緊急の生徒集会が開かれました。

 集会では、最初に、校長先生から事件の概要について説明があり、次に、養護教諭の来間先生から大麻をはじめとする薬物の作用について説明がなされました。

最後には、PTA会長の比嘉良太さんが、高校生の子をもつ親の気持ちを示してくださり「何かあったら大人に相談するんだよ」とやさしく真剣に語りかけてくださいました。


写真は、左から、新島郁子校長先生、来間先生、PTA会長の比嘉良太さん。

15分くらいの予定が30分に及ぶ集会になりましたが、生徒も、みんな真摯に話を聞いてくれました。