「暴風警報」、「大雨特別警報」発令時の対応について

※「特別警報」とは、重大な災害の起こるおそれが著しく大きく、最大限に警戒する必要がある

 ことを呼び掛けるものです。

○警報発令中の生徒の対応について

  沖縄本島中南部に暴風警報または大雨特別警報が発令中は臨時休校になります。

○警報の解除後の対応について

  沖縄本島中南部の暴風警報または大雨特別警報が解除された場合は、次のように   

  なります。

  ①正午(12:00)までに解除された場合

    警報解除から2時間後にSHRを行い授業を再開します。

    【例】8:30解除 → 10:30にSHRを行って3校時より授業再開

    注:警報解除後は、突風等に注意して登校して下さい。また、学校所在地域が解除と

    なっても、自分の住んでいる地域に暴風警報や大雨特別警報が出ている場合は、

    「生命を守る」ことを優先して下さい。

  ②正午(12:00)までに解除されない場合

    終日、臨時休校となります。自宅学習を行って下さい。

    なお、朝の登校時に、今後、暴風警報または大雨特別警報等が発令されそうな場合は、

    ラジオや特にテレビのテロップ等でご確認下さい。